【無痛歯科】

全ての処置に対して無痛を目指します
無痛の基本は安心し、喜んでいただく事であると考えています。恐怖や不安があれば、如何なる最良の処置を駆使しても痛く感じてしまいます。
しっかり説明し、治療方法を全て提示し、御理解いただいてから治療いたします。そして、次に何をするのか、どのような状態になるのかなど、細部にわたりお声掛けを絶えずしていきます。そうする事によって、不安は解消され痛みを感じなくなるのです。

楽しく治療して、目標が達成できれば  喜びに変わります

3-3-1moji

↑ クリック ↑


・削らない・抜かない
歯を削る量を最小限に少なく、神経を極力残し、なるべく歯を抜かない ・・・ これが一番痛くないです。

・麻酔を行うとき、必ず麻酔薬を温めます
麻酔薬を体温に温める事により、注射の痛みが少なくなります。

・麻酔を行うとき、必ず表面麻酔を使用します
表面麻酔を使用する事により、注射の痛みが軽減できます。麻酔以外でも歯ぐきに疼痛を生じる場合に使用します。

3-3-1

 

 

 

 

 

 

 

 ・電動注射器を使用します
電動にてゆっくりと一定の力で麻酔薬を注入しますので、痛みを感じなくなります。

3-3-2

 

 

 

 

 

 

 ・最極細の注射針
最極細(33G)の注射針と電動注射筒を使用し、さらに痛みが軽減しました。

3-3-3

 

 

 

 

 

・詰め物をする前に、詰めた後痛みがでにくい薬をつけます
詰め物をした後は、冷たい飲食物がしみたり、硬い食べ物を咬んだときに違和感が出現する場合があります。そのような症状が出にくい様、あらかじめ処置を施します。